FC2ブログ

ソトガワピンクデナカハアカ

毎日のできごとプラスα
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
負のスパイラルでバランスをとる。


私の診断名は、
10代半ばより摂食障害
24才過労による自律神経失調症及び鬱病
25才てんかん再発

摂食障害とてんかんは、症状が顕著に現れているので、自覚しています。
自律神経失調症及び鬱病に関しては、不信感を抱いています。
自分の性質なのか、性格なのか。
鬱病を患っている方に対して、怠け病だとは全く思わないのだけれど。

ただ、自分に関しては鬱病なのか?という疑念を常に抱いて、薬物療法をしています。

カウンセリングに意味を見出せなかった私に、精神科医はそういうスタンスでカウンセリングに臨んでも、いい結果は望めないと。


摂食障害により、確実に心身を蝕んでいるということ。
依存症であり、緩やかな自傷行為であるということ。その理論は頭では理解しています。
そして、拒食、過食、過食嘔吐という自然の法則に反する行為は確実に自律神経系を脅かします。

理解はしているけれど、制御できない自分の弱さ、それ故鬱状態に陥る。

この負のスパイラル。

どこから断ち切ればいいのだろうか。
断ち切ることで他にしわ寄せが生じるのでは。

治したい。
けど、この一見生産性のないこの負のスパイラルによってギリギリ保たれているのかもしれないバランスが崩れるのが怖い。


スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。