FC2ブログ

ソトガワピンクデナカハアカ

毎日のできごとプラスα
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
嫌われる勇気



私は一つの物事を、主観的に一貫性を持って考えるのがとても苦手。


根本にあるのは、

人に嫌われたくない。これに尽きると思う。


人と話をしていても、相手の考えを読んで→嫌われたくないから、

更にその裏を読み→念には念を、

結局自分の伝えたいことはおざなりになる。


自分で勝手に伝えてないだけなのに、

誰も本当の私を知らないし、

きっと本当の私を好きになることはないだろう。

この考えは私の中でどんどん膨張して、

私なんて、箸にも棒にもかからない人間です。という結論に至る。


今、友人に勧められて、

アドラー心理学をもとにした、

『嫌われる勇気』

という本を読んでいる。

2巡目。


総てが自分の欠点をついてくるような、

そんなストーリー展開に、

読み進めながら疲れ果てた。

理解することと、それを実践することの難易度の差を痛感している。


アドラー心理学に出会った人の感想によくあるのが、

こんな考え方があったことに驚いた。

心を動かされた、感動した。

考え方が変わった。

なんだけど。


困難にぶち当たったとき、

私が解決策を見出そうとして行き着く答えが、実はアドラー心理学だったのだと気づいた。


だから、本当に理解に苦しむということはなく、

実践することの難しさに落胆した。


アドラー心理学を実践するには、

生きてきた年数の半分がかかると本にも書かれていた。

私は30歳。45歳までには実践できるようになるのかしら。


嫌われる勇気





スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。